×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

こうだくみ画像

こうだくみ

こうだくみの画像など

  
こうだくみ(倖田來未)ってご存知ですよね?私も大好きなアーティストの一人なのですが、色々と検索しているうちに面白い(?)現象に気がつきました。何なのかというと、意外と皆さん「こうだくみ」を「倖田來未」と変換できないんですね(汗)実際にどうやって変換しているのかというと、倖(こう)田(た)來(らい)未(み)という風に変換していけばきちんとした漢字での本名にたどり着くことができます。ヤフーなどでブログなどをチェックしたいと思っている方がほとんどだと思うのですが、正式名称で調べるのと、ひらがなやカタカナ交じりで調べるのとでは結果がずいぶんと違ってきます。それによって得ることのできる情報なども異なってきますのでこうだくみの画像などについてもっと知りたいという方は是非とも注意していただきたいと思います。このサイトのタイトルはあえて「こうだくみ」という平仮名での検索に対応して作っているのですが、ここにたどり着いた以上、もう迷うこともなく本当の名前にたどり着くことができるのではないでしょうか?とりあえず、ここでこうやって出会えたのも何かの縁だと思いますので、このホームページでもこうだくみについては色々と情報を伝えたいと思っています。結構マイナーなネタも仕込んでおきたいと思いますのでどうぞごゆっくりご覧くださいね(笑)

こうだくみのプロフィール

こうだくみのプロフィール>
2000年 デビュー
こうだくみはドリカムに憧れ芸能界入りを決意したそうですね。1999年に、京都精華女子高等学校在学中にテレビ東京で放送していたオーディション番組「ASAYAN」内の「モーニング娘。追加メンバーオーディション」において、こうだくみは後藤真希とその座を争ったのですが、それ以前に先行して行われていたエイベックス主催のオーディション「avex dream 2000」にて準グランプリを受賞しています。これにより同社でレッスンやトレーニングを無償受講できる権利、同社との専属契約権を獲得したそうです。

12月6日、こうだくみはエイベックスのrhythm zoneレーベルよりデビューが決定。先にアメリカで「KODA」名義でデビューし、1枚目のシングル『TAKE BACK』は全米で日本に先駆けて発売されました。全米ビルボードダンスポップセールスチャートで初登場19位、最高18位を記録。更にこうだくみの2枚目のシングル『Trust Your Love』がビルボード総合セールスチャート初登場39位にランクイン、日本人のチャートインとしては7人目で、またダンスポップセールスチャートでは初登場1位を獲得したそうです。

2000年-2002年 下積み・ヒットの出ない時代
こうだくみは華々しく「凱旋デビュー」を飾る予定だったそうなのですが、その大きな期待は外れ、オリコンチャートでは『TAKE BACK』が初登場59位、『Trust Your Love』が初登場18位でスマッシュヒットというわけにはいきませんでした。さらに、こうだくみの3枚目のシングル『COLOR OF SOUL』、4枚目のシングル『So Into You』でも、高い歌唱力と定評のあるダンス力で着実にファンを増やすものの、ヒットとはなりませんでした。また、当時は音楽番組に出演しない路線をとり、専らクラブなどで歌っていたとのこと。こうだくみ本人はその時を振り返り「辛かったけど夜中3時ごろに歌ったりして、声帯が強くなったり度胸が据わったりした。下積み時代に感謝している」と過去を振り返っています。

2003年-2004年 ヒットによる浮き沈み
そんなこうだくみに転機が訪れます。2003年にスクウェア(現スクウェアエニックス)から発売された大作ゲームソフト「ファイナルファンタジーX-2」のテーマ曲で7枚目のシングル『real Emotion/1000の言葉』がオリコンチャート初登場3位で累計23万枚のヒットで知名が急上昇。しかしその後の8枚目のシングル『COME WITH ME』や9枚目のシングル『Gentle Words』はセールスには余り恵まれませんでした。元々太りやすい体質であったのですが、当時の彼氏の励ましもあり8kgのダイエットに成功したのはこの頃で、現在の「エロカッコいい」とマスコミから呼ばれるこうだくみのスタイルが確立されたのは、10枚目のシングル『Crazy 4 U』(TVアニメギルガメッシュ主題歌、avex mode)の頃。この頃から、クリスティーナ・アギレラなどの海外アーティストから大きな影響を受けるようになり、露出度の高い服装やPVなどがマスコミによって大きく話題にされるようになりました。

そして2004年、こうだくみ本人も友情出演した映画「キューティーハニー」の主題歌「キューティーハニー」を収録した11枚目のシングル『LOVE & HONEY』が久々のオリコンチャート初登場4位を記録。13枚目のシングル『奇跡』(NHK2004〜2006年サッカー中継テーマソング)もTOP10入りを果たし、徐々にマスコミによって大きく取り扱われるようになっていきます。しかし、この頃から初期の正統派路線が失われたことを嘆くファンも多く、コンサートでコンドームを客に投げつけるといった日本ではやりすぎの演出も指摘されているそうですね(汗)。

2004年-2005年 ブレイク、BEST〜first things〜
2004年の末頃からこうだくみは人気音楽番組に出演するようになり、4枚目のアルバム『secret』がオリコンチャート初登場3位、累計50万枚のスマッシュヒット。ライブやPVではバストや美脚を強調した露出度が高い服装や、バニーガール、女教師などのコスプレを披露し、そのこうだくみ独特のスタイルが「エロカッコイイ」「エロかわいい」「エロカッコかわいい」と形容されるようになります。

2005年になってこうだくみ16枚目のシングル『Butterfly』が初登場2位と自己最高記録を更新。その勢いに乗り5年間の集大成となるベストアルバム『BEST〜first things〜』を発売。こうだくみは総合的に人を楽しませるエンターテイナーを目指しており、ベストアルバムの発売時に「ベストアルバムがミリオンセラーしたら、クラブのママをやります」と宣言。ベストアルバムの純売り上げ枚数はミリオンを記録、1日限定で銀座に「club 倖田」を開店。セールスは更に伸び続け累計は140万枚を記録した。この頃から、浜崎あゆみと肩を並べるエイベックスの稼ぎ頭となりました。

2005年-2006年 12週連続リリース、BEST〜second session〜
そんな中、こうだくみが取り組んだのが、同年12月7日から2006年2月22日まで、原則として毎週水曜日ごとに12週連続で新作シングルをリリースする世界初の試み"12週連続シングルリリース"です。第一弾シングル『you』は、自身初のオリコンチャート初登場1位(初動7.2万枚)を記録。続く『Birthday Eve』(5万枚限定生産)『D.D.D. feat. SOULHEAD』(5万枚限定生産)も好セールスを記録したことは記憶にも新しいですね。

同年12月31日、「Butterfly」で第47回日本レコード大賞を受賞、NHK紅白歌合戦にも初出場。しかしレコード大賞受賞には、レコード大賞が掲げる『大衆に影響を与えた楽曲』という条件を満たしていないのではないか(「Butterfly」は最高2位・年間85位)という指摘があり、こうだくみ本人もレコード大賞終了後に「今年は露出で注目されたけど、来年はもっと音楽で注目されたい」と発言しています。

2006年も年明け早々こうだくみはオリコンチャートで3楽曲同時Top10入りという2003年のB'z以来、そして女性アーティストでは初の快挙を成し遂げた。同年3月8日に12週連続発売シングルを全て収録した(但し「BoysGirls」、「Sweet Kiss」は未収録)ベストアルバム『BEST〜second session〜』を発売します。

2006年- Black Cherryの発売、そして現状
その後もこうだくみは『恋のつぼみ』『4 hot wave』などタイアップ色の強いCDリリースや初の写真集「MAROC」の発売、そして12月には5枚目のオリジナルアルバム『Black Cherry』を発売。勝負作として150万枚を初回出荷したこの作品は、初動売上枚数50.2万枚(オリコン)を記録した。これは、2006年発売の女性アーティストのオリジナル盤としては最高となっているそうです。

同年12月16日には第39回日本有線大賞、12月30日には、日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞。2005年に続いてのレコード大賞V2は達成できなかったものの、2005年は衣装などで注目されたが2006年は「歌唱」の分野での受賞なため、こうだくみは受賞時にその旨語り涙して喜んだそうです。

こうだくみのCD

FREAKY(DVD付) BEST ~BOUNCE & LOVERS~ (期間限定生産盤) (DVD付) 2007年6月現在、こうだくみのCDとしては「FREAKY」が最新曲となっています。以前に比べると新曲を出すペースが若干遅くなったような気がしますが、まだまだぶっちぎりのハイペースだといえるでしょう。下半期にはこうだくみがどんな活躍を見せてくれるか楽しみですね!
今回のこうだくみのジャケット画像もなかなかセクシーで、おもわず「さすが!」と脱帽してしまいそうな感じに仕上がっていますね。ジャケットだけでなく、もちろん楽曲としても素晴らしいものがありますし、今回の新曲もヒットすることは間違いないでしょうね!早めにこうだくみの新曲の歌詞は覚えて、是非カラオケなどでガンガン歌ってくださいね!

【サイトメニュー】
こうだくみ 画像 こうだくみ 歌詞
【その他の芸能人】
Copyright (C) 2007 こうだくみの画像ナビ All Rights Reserved.